« 一般質問R2.3⑦ | メイン | 一般質問R2.3④⑤ »

一般質問R2.3⑥

さて、前述の学習指導要領総則に記述された情報活用能力の育成を念頭に、新たに小学校プログラミング教育が令和2年度から必修化されることはマスコミなどでも報道されているところです。そして高等学校における情報科も科目構成がかわり、センター試験に代わり実施される大学入学共通テストに「情報科」をテスト実施科目への導入が検討されているようです。

また、昨今の社会における情報化社会への変化は大きくSociety5.0と言われるようなAI技術の活用も含めた高度情報化社会にむけた人材育成が急務といわれております。
あるモバイルメッセンジャー、コミュニケーションアプリの大手株式会社のプログラム開発の人は、「年に数個以上の資格をとらなくてはならないスピードだ」とおっしゃっていました。
そして、福井県からも会社誘致に来たけれど、誘致の材料としてのポイントである福井県内の人材のIT技術は、聞く限りでは最新のものではなかった。当然、企業誘致も想定外。特に、大学卒よりも、高卒の技術者が欲しいのだが、そこの人材が薄いとのこと・・・寂しい話です。

本県では情報科を担当する教員採用を2020年度初めて実施し、ようやく1名の合格者を発表したと承知しております。

前述のとおり今後大学入試の共通テストに情報科のテストも入ってくる見通しもあり、その際には、学校のICT環境の整備やさらなる情報科教員の採用を進め授業の充実などが急務と考えますが

⑥ 福井県内の高校の情報教育の現状と、今後の見通しを伺います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hosokawakawori.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/688