« 一般質問R1.12⑬ | メイン | 一般質問R1.12⑨➉ »

一般質問R1.12⑪⑫

そのうえで、私の考える「信頼回復に向けた提言」をいくつかします。

 今回の金品受領は福祉部門が中心で原子力行政関係ではないと県はおっしゃいますが、記事にあるように、世間では疑義の目をもってとらえています。ですから「県の原子力行政」は「ずぶずぶではない真っ白なもの」が、「公正公平」に話し合っているのだと、県内外の誰もが納得できるように「示す」ことが肝要です。

そのためには「事実関係の徹底的な究明」です。
知事の今回の金品授受調査は、「必要最低限をきっちり調べた」印象ですが、県内外の人々に納得してもらうには、調査範囲をこれでもかと広げて、「袋をひっくり返して、もうホコリも出ない」ほど調べたと国民に示し、納得を得ることです。市民団体が議会や県警も調査をというのであれば、そうすればいいのです。関係する人すべてを調べ、逆に潔白を証明すればいいではありませんか。それができないとなると、「潔白を証明できないからだ」と捉えられます。信頼回復とは、疑義を感じる人に納得していただいてこそです。

⑪ 対象部署を広げ、専門委員も含めあらゆる関係者を調べて、潔白を証明すべきではありませんか。伺います。


また、原子力行政に関する金銭の流れを明確にすべきです。電力は公共性が強いがゆえに「総括原価方式」が長年採られてきたわけですが、今回の事で、不透明なお金の流れを生んできていたのだと大きくその信頼を損ねました。先に知事は、経産相に抜本的な再発防止策の実施を要請しましたが、

⑫ 抜本的な再発防止につながるよう国・電力事業者に対して、会計制度の透明性を高めるように、福井から求めてはいかがでしょうか?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hosokawakawori.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/664