« 一般質問H29.12.6① | メイン | 予特H29.12① »

予特H29.12②

2 人材育成について(5問)

先日、郵便局に行ったら、日本人のお客さんは私一人で、あとは全員外国人だったので驚きました。

①県内在住外国人の現状と動向について、伺います。

越前市では、一クラスのブラジル人児童の数が7~8人だとか、次年度の幼稚園入園児の半数がブラジル人だとか聞きます。そうなってくると、ポルトガル語で会話するグループと日本語で話すグループができてくることになります。

② 外国人学校やプレスクールと言った対応も含め、今後の外国人児童生徒に対する対応や現場支援を伺います。

 このままでは、県内の産業人材は、外国人労働者が多くを占めるようになってしまうのではないでしょうか。
 県では、学力重視、進学重視の考え方ですが、進学を進めるあまり、子どもの多くが県外に流出してしまい、県内の産業を支えるべき人材が減少していくのでは、意味がありません。

③県内の産業を支える人材をどのように考え、どのように人材育成していこうと考えているのか、知事に伺います。

④また、福井を支える人材育成を意識した教育の在り様を模索すべきと考えるますが、所見を伺います。


  警察に県内の20代の自殺の状況を確認したところ、全国と比較すると福井県の場合有職の割合が多かった。
  せっかく、県内に子どもが残っても、企業の労働環境が悪く、ブラック企業などで、子どもが自殺してしまうようでは意味がない。福井で働いて幸せになってほしいと思う。

⑧若者の自殺数データを見ると、有職の若者が多いと感じます。企業に対する働き方の実態調査と対策が必要と思いますが、所見を伺います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hosokawakawori.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/596