« 予特H28.6③ | メイン | 予特H28.6① »

予特H28.6②

しかし、この頃をピークに、行政側の「協働意識」が徐々に薄れてきているのではないかと感じているので、何点か伺う。

熊本地震被災地に対する災害ボランティア活動に関してだが、福井からのボランティアバスは、連休のほぼ同時期に、福井県災害ボランティアセンター連絡会企画のものと、福井県災害ボランティア支援センター企画のものと、2種類あった。

② 今回、何故2種類のボラバスが出る事態になった?
募集方法、参加者、活動内容から、センター連絡会のバスは適切だったか伺う。これまでは、活動を官民で先遣隊を出し、共に話し合い、センター連絡会を開催して決めていたが、近年、行政が一方的に企画し、募集している。ボランティアは行政の下請けではない。


③ 「協働」の理念、これまでのセンター連絡会の積み上げにもとづいて、対等に、ともに考え、活動決定すべきではないか?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hosokawakawori.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/556