« 一般質問H28.6④ | メイン | 一般質問H28.6② »

一般質問H28.6③

さて、核燃料税に関し、使用済み核燃料の搬出促進割が提案されています。しかしながら、それを一般財源化してしまうと、様々な施策の税財源として充てにされ、搬出促進にならないのではないかと憂慮しています。
また、今回の更新について、納税者である電力事業者は「立地地域の安全対策や災害対策の強化・充実に活用されるならば、立地地域と発電所の共生に大変有益」と述べておられます。「共生」とは同じ場所で共に生きるということです。納税義務者のおっしゃる「共生」という言葉が、「使用済み核燃料の保管」をさすのであれば、「搬出促進」という県の説明と食い違います。

④ 県の県民への説明と、事業者の理解されているところに齟齬はないのか知事の見解を伺います。

⑤ また、本気で搬出促進を考えておられるなら、何かあった時の基金としてプールしておくか、使用済み核燃料の分だけ切り離して目的税化し、先に述べた電子基準点など最新の地震観測施設といった安全対策に充て、使途を明確に県民に説明すべきと考えます。所見を伺います。

私は子どもたちが家に帰ってくるとき、いつも以上に家の中を掃除します。ゴミを資源回収に出し切り、子どもが自己実現できる場を出来るだけ作るよう努めます。地域も同じではないでしょうか?
次世代が気持ちよく福井で暮らせるよう、毒性のある使用済み燃料を一刻も早く県外へ搬出する搬出促進割が功を奏することを心より祈っております。

青少年の健全育成に関し伺います。

今年に入って、若者の、耳を疑うようなニュースが飛び込んできました。
中高校生の売春事件と東大生による強制わいせつ事件です。

⑥ 現役中高生が当事者であったり、トップクラスの進学校出身者が加害者であったりしたことを、教育委員会はどのように受け止めておられるのか、まず伺います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hosokawakawori.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/550