« 新年 | メイン | 日本スポーツ賞 »

原発原則「40年」

原発の寿命を運転開始から40年とする政府の原子炉等規制法改正案について、新聞の社説等での評価がずいぶん割れています。

福井新聞 「原発寿命「40年」 これは腰を据えた政策か」
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/editorial/32453.html
東京新聞 「原発の寿命 40年可の保証にするな」 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012011102000053.html

例外規定への懸念は多い・・・ 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/photo/news/20120107k0000m040070000c.html

島根県の溝口善兵衛知事は、「今までにない考え方で一定の進展があった」と評価し:産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120112/smn12011202100001-n1.htm

西川知事は・・・?
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012011101001261.html
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/32469.html
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/32394.html

報道は、書き手の思惑でニュアンスが変わります。だから、同じニュースでも、記事の読み比べをして違いを捉え、その上で判断すべき・・・・と、「メディアリテラシー(情報の基礎)」の教育で、教えています。
情報は、すぐに鵜呑みにせず、多方面から調べて捉えるべきですが、こと原発に関しては、特に興味深い「差」があります・・・ね!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hosokawakawori.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/351