« 商談の機会 | メイン | 12月議会一般質問1 »

地震の震源

17日から18日にかけて、地震が4回ありました。
震源はいずれも我が家の周囲?です。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/31579.html

以前にも、越前市粟田部と池田町稲荷の間(つまり我が家近辺)が震源の地震があったのですが、揺れ方が違います。揺れるというより、「ゴツッ」「ガツン」「ゴリゴリゴリゴリ」・・・という岩と岩がこすれあうような様子を足の下で感じるのです。その瞬間にガガガガッと響きます。
何年か前の、粟田部と稲荷の両地震観測点で震度1だった時も、私の感じた震度は3!
隣の家では積んであった薪が崩れました。
これらの地震は温見断層が絡んでいると思うのですが、池田までとされているこの断層、越前市東部まで続いているのかもしれません?
山間地なので、ボーリングするわけにいかないでしょうけど、直感的に地中の地盤のずれ・崩れを感じるのです。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~kabataf/katudansou/fukui.htm
温見断層は、濃尾断層帯に含まれます。
記録のある直下型地震で、過去最大だった濃尾地震の震源域です。
不気味・・・としか言いようがありません。

今日は茨城で震度5強の地震がありました。
日本全土、活動期、余震、相模トラフの跳ね上がり・・・などなど、何があってもおかしくない状況です。
もし何かあっても、その地のリーダーは、
「まさか起こるとは思わなかった。」
なんて、今後許されないセリフとなります。
覚悟して、リアリティーを持って、防災対策を進めなくてはなりません。
ここで甘い判断を行ったら・・・万死に値すると思っております。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hosokawakawori.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/338