« 物資支援 | メイン | 全国災害ボランティア議員連盟で提言 »

支援物資の考え方と送る側の注意点

支援物資についてノウハウを記載させていただきます。
*但し、まだ現地の受け入れ先が整っていないので送るのは待ってください。
 送れるようになったらなるべくご紹介します。

1.支援物資:被災者のニーズに合ったものを送る。
  得てしてこんなものが必要だろうとか、マスコミでこんなものが不足しているとい
  う情報に基づき送り側が判断してしまいがちですが、実際送ると迷惑になる物が多
い場合があります。支援物資が災害後にゴミの山となるケースがよくあります。
また、梱包の仕方や勝手に被災地の状況も把握せず送る場合が生じて、現地が混乱
することや現地での手間がかかる場合が多くあります。善意の押しつけにならない
ように気を付けてください。
また、災害ボランティアの望ましい姿は、物資や活動共に集めて・選別・一括(大
量の量)配送・現地拠点基地への運び込み・仕訳・現地での配送を一気通貫で行え
る体制を作って臨むことが理想です。
2.支援物資
 (1)募集・収集 上記の考え方を踏まえた告知を行うこと
    ・生ものや賞味期限が半年以内の食品はだめ
    ・使用済の下着は洗濯されていてもだめ
    ・下着以外の衣服に関しては必ず選択・クリーニングされたもの。
     (新品が望ましい)
 (2)想定される必要支援物資
①食品類 カップ麺、お湯だけで作れるレトルト食品、飲み物、乾パン・缶詰
め類乳児用粉ミルク、哺乳瓶(新品)
②食器類 紙コップ、箸、やかん、鍋、カセットコンロ、カセットボンベなど
炊出しで使える物
③衣類(新品) 下着、靴下、衣類、合羽、長靴類
④寝具類(新品) 毛布、タオルケット
⑤洗面具類 トイレットペーパー、ティッシュペーパー、ウエットティッシュ、
歯磨き、石けん、タオル、水を使わないシャンプー
⑥その他 紙おむつ(大人用・子供用)、生理用品、マスク、懐中電灯、乾電
池類、ブルーシート
⑦暖房具類 使い捨てカイロコン、薪ストーブ

(3)物資の送り方
① 1つの段ボールには1種類のものしか入れない。
② 段ボールの表面4箇所共の見えやすい場所に大きく何が入っているかを
書く 「食品:水」や「雑:おむつ」など。
③ 重すぎないようにする。ペットボトル飲料などを入れるときは注意。
④ 大きすぎない段ボール箱にすること。小さいのもだめ
  みかん箱程度が望ましい。
⑤ 箱が破けないようにしっかりテープで梱包すること。
⑥ 送り主を書く 例「福井・仁愛大学」

(4) 運送方法
① 運送会社に任せきりにしない。必ず一人以上は同行する。
② 現地受け入れ倉庫などへの運び込む人も行くのがよい。
③ さらに残って仕分けや現地配送が出来る人や車(軽トラック)が
  行くのがベスト

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hosokawakawori.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/278