« 2010年04月 | メイン | 2010年06月 »

2010年05月31日

5月も終わり

今、長袖のフリースを着ています。
コタツもついています。
ストーブもまだ仕舞えません。
例年ならば、暑いからと、早々に半そで・クールビズ・・・のはずが、こんな気候でびっくりです。
この寒いのに・・・というか、ようやくというか、さっきカエルの鳴き声がしていました。
今シーズン、初めてです。

この気候・・・水害が起こりませんように・・・。

2010年05月28日

げに議員といふものは・・・

議員の弱みは「選挙」です。
いいこと言ったって、選挙で勝ちあがらなければ議会に臨めません。
ですから議員に対し「応援しない」の一言は効く・・・・・・・(T_T)。

そういう性質をよく知ってて、そこをついてくる人たちがおられます。
「○○しないと(したら)、今度の選挙で応援しないぞ。」
と言われます。脅し言葉に聞こえます。
相手が集票力のある方だったら効果抜群!
主義主張もあっけなく吹っ飛ぶシーンをしばしば目にします。

さて、そんな揺さぶりを私もときどきいただきます。
それも「ここぞ」というタイミングでです。
まだ言われると一瞬ひるみます。それは猛烈なストレスです。
そして、その次にはその方に生理的に拒否反応が起こります。
気持ちが逆方向に走ります。その人から「離脱」です。
つまり、私に脅しは逆効果です。

「選挙に有利だから、意見を曲げて言うことをきく」のか「選挙に不利だけど、自分の意見を述べる。」のかという選択では、後者を選びます。

・・・・こうして自分の身を削ってしまう私は、トータルで考えて「馬鹿」なのでしょうねえ・・・。

2010年05月12日

議員の王道4

議員は予算をチェックします。
また、社会の課題解決や政策提言のために発議します。
それぞれの議員はそれぞれの考えで、議会活動を行います。
その「それぞれの考え」が何に基づいているものなのか、芯の部分が重要です。
その議員が「何を大事」に「何を守ろう」と考えているか・・・。
まずは「住民の福祉」という答えをします・・が、よく目を凝らしてください。
自分の名誉?権力?利益?
一部の者の利権?
次の選挙の票?
悲しいかな、表向きと本音があります。
どんなに素晴らしい政治信条を述べていても、実際の言動は何を優先しているかです。言行一致しているか・・。客観的に事実をとらえて判断すると、見えてくるものです。

私は「何気ない日常」「子どもの健全な成長」を大事にしたくて、それらを阻害するものを「課題」と考えています。そのために「戦う」ことも「有り」ですが、それが自分の選挙に不利に働くことも「有り」。それにメロメロと屈するかふんばるかは「胆力」の問題です。
軸足をぶらすことなくきっちり「戦う」覚悟を持てるだけの「信念」「信条」が・・・・どの議員にもあると思いたい・・・。

その「政治信条」や「政治活動」、「政治家の言葉」には、その人の「人間観」「歴史観」が表れます。
ちなみに私は、「人間観」は人道・公正・公平であるべきだし、「歴史観」は偏りなく多方面から考えてのことであるべきだと考えます。私の心の根幹には、長年携わってきた「赤十字の理念」の影響が大きいです。

つらつら思うところを述べてきましたが、自分の政治信念に基づいた意見が人の心に伝わり、理解や納得・共感を得られるような・・・そんな政治家を私は理想と考えます。
「議員の王道」とはどんな道か・・・まだまだ考えは変化していくかもしれませんが、現時点での考えをまとめてみました。ご意見を聞かせていただければ幸いです。