« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月09日

百萬塔陀羅尼

昨日、和紙の里に「世界最古の印刷物」といわれている「百萬塔陀羅尼」が寄納されました。

darani.jpg

百萬塔陀羅尼とは、中に陀羅尼経を納めた木造の小さな塔100万基の総称です。
奈良時代、国家安泰を願い称徳天皇の命で国家大事業で作られました。6年余りの歳月がかかり、770年完成。
100万基を興福寺、東大寺、薬師寺など10のお寺に10万基ずつ奉納され供養されました。
乱世などで9つの寺のものは消滅しましたが、現在、法隆寺関係のものが唯一遺存しています。(うち100基は重要文化財)

陀羅尼は、大麻で漉かれた紙に印刷されています。紙の材料が「チョ麻か?大麻か?」とか、版は「木版か?銅板か?」といった研究は、紙漉き職人、彫師、版を摺る職人・・・などなど、多くの伝統技術の職人さんたちの力を借りてなされたそうです。
大麻が、他人の手を借りて紙となり、1200年以上も残っているわけです。
「凄いな~~~」とため息をつきながら、紙の博物館(越前市)に展示された塔を拝見させて頂きました。

展示は常設です。
お近くにお越しの際に、足をお運びいただけると幸いです。

2009年11月06日

秋のひととき

2009110611390000.jpg

十数年前、囲炉裏をつぶした代わりに入れた薪ストーブです。
勤めていた時には
「時間があったらここでコーヒー飲んで、癒しのひと時が持ちたい・・。」
と思いながらも、ばたばたと横を通り過ぎるだけの日々でした。
今の仕事はとっても「ムラ」のある仕事で、いくつもの仕事が重なって身動きが取れなくなる時もあれば、すぽっと時間が空くこともあります。
今日は、ようやく念願だったコーヒータイムがとれた秋晴れの午前中・・・♪
冬が来る前の貴重なひと時です♪♪
・・・が、
どうも落ち着きません。
座っててせいぜい10分。
何かしてないと罪悪感すら感じます。
結局やっぱりばたばたと仕事探し・・・。
「性分」
・・です(- -;))

2009年11月02日

全国災害ボランティア議員連盟・情報交換会

会場を移し、情報交換会です。
情報交換会2.JPG

総会が無事終了して、ほっとしている準備会のテーブル・・・
情報交換会1.JPG

こちらは、前日に行われた中越地震復興5周年シンポジウムのバンケット会場で、議連の紹介をする長島会長です。あいにく総会当日は出席できませんでしたが、かわりにビデオメッセージを頂きました。
長島さん2.jpg

ともあれ、全日程無事終了で、ほっといたしました。
でも、これがスタートです。しっかり運営していかねばなりません。
事務局長という大役を仰せつかり、重責に緊張している次第です。
(↓議連設立が、朝日新聞の記事で紹介されました)
http://www.asahi.com/national/update/1016/OSK200910160024.html?ref=rss
(↓同じく、新潟日報です)
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/5369.html

全国災害ボランティア議員連盟:設立総会・鼎談

遅ればせながら、設立総会の様子をアップします。仲間が撮ってくださったので、めずらしく私の姿もアリです(^^;))

発起人を代表して村井衆議院議員が挨拶しました。
村井さん.JPG


総会に駆けつけてくださった内閣府の田尻参事官に、ご挨拶を頂きました。
他に、前原誠治担当大臣(当時)や泉ケンタ担当政務官、増子輝彦経済産業副大臣、森民夫長岡市長他、多数の国会議員、防災団体等から、お祝いのメッセージを頂きました。
挨拶2.JPG

議案説明をしています。
細川2.JPG
すべてご承認いただきました。ありがとうございました。

総会の後の鼎談です。泉田新潟県知事、久住見附市長、新潟大学災害復興科学センターの福留先生にお話を頂きました。川上岐阜県議会議員がコーディネーターです。
鼎談2.JPG

泉田新潟県知事がにこやかに「ここだから言える話」を・・(^^)
泉田知事2.JPG

久住見付市長がテにしているのは、中貝豊岡市長などとともに水害を検証して作られた書籍です。私も中貝市長に頂きましたが、教訓の詰まったすごい内容です。
久住市長1.JPG

開催地新潟で近年の災害を経験された鼎談者の皆様の、復旧・復興のマネジメントをされた苦労話は、私たちにたくさんの課題や方向性を示してくださいました。お三方ともお忙しい日程を調整してのご出演です。心より感謝いたします。