« オープニングセレモニー | メイン | 山古志視察 »

災害ボランティア議員連盟

山古志の長島ハウス?(長島衆議院議員の、奥様が農家民泊を営んでおられるご自宅です)へお伺いしました。
目的は、防災に関する議員連盟を発足する準備です。
呼びかけ人・発起人としてお集まりいただいたのは、これまで被災地の復旧支援活動において何らかのマネジメントをされた国・都道府県・市町村議員8名です。
北は福島、南は愛媛から、「いざ、山古志!」とお越しの方々は、さすが災害ボランティア!、自己完結・自己責任で逞しくお集まりです。(愛媛から自家用車で来たN議員には、さすがにビックリ!)

さて、旗揚げしようとしている議員連盟の理念や活動内容ですが、発起人議員の多くの方が、議員として「災害ボランティア活動」のみに腐心しているわけではなく、自ずと地域防災全般に、自らの経験を活かしながら取組まれています。
それで、連盟も「災害ボランティアの復旧支援活動の環境整備」「地域防災力向上」「いざという時の議会・議員のあり方」「復興支援」といった全般的な防災・減災をテーマにしようという事になりました。
それらの事についての調査・研究・政策提言、あるいはお互いの政策などに関して情報交換するなどの活動につなげていきたいと考えております。
10月17日の設立総会めがけて、趣意書や規約作り、チラシ作り、呼びかけ、受付けなど、コマを進めて行く所存。

・・・が、何分にも『事務!?』を仰せつかった私が微力ですので、皆様に助けていただきながらの歩みです。
大丈夫かなあ・・・・・・(- -;))

話し合い2.JPG

話し合いの最中は、進行役だったので撮影できませんでした(^^;)
これは、あらかた話し合った後で、長島衆議院議員を囲んで、談笑しているところです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hosokawakawori.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/214