« ミサイルともんじゅ | メイン | 2通のファックス その2 »

2通のファックス その1

本日、市役所から2通のファックスがありました。
1通目抜粋
「北朝鮮による飛翔体発射に関する情報(4月2日現在)」
●現在の状況
①4日~8日の間の11時から16時までの間に発射 
②内閣官房より「わが国領域内に落下するケースは通常は起らないと考えている」との通知あり 
③発射事実は内閣官房より緊急情報ネットワークシステムで市に情報伝達。消防庁より消防防災無線Faxで市町村に伝達 
④J-ALERTでの情報伝達は行なわない
●市の対応
①庁内で対応事項を再確認 
②小中学校等に緊急時体制を再確認 
③国、県、関係機関との情報伝達訓練実施 
④4・5日は担当課職員全員待機 
⑤万が一のときには、市では、国・県からの指示に基づき住民等に周知

要は、情報伝達しますよ・・という事ですが、実際、訓練でも情報伝達は混乱しがちです。
また、大本営(内閣官房)の判断がどれだけ適切で迅速か・・・生で拝見したいもの(実は懐疑的・・・)
しっかり時間を計って、この機会にしっかり検証しましょう!
それにしても北朝鮮・・・陸上選手が人の頭上を越えて槍投げや砲丸投げすること、ありえないですもん!しかも「やります」の一方的通告・・。
礼節って知らないのかしら?(かの国は儒教じゃなかったかな?)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hosokawakawori.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/211