« 水道料金値上げ | メイン | 水防訓練 »

単品スライド条項

6月議会が先週で終了しました。
今回の私の質問は
①入札制度改革
②道路歩道や路肩の整備(段差解消など)
③プールの安全管理(ずさんなところを見直していただきました)
でした

①については
●公共工事の品質確保(委託(建築コンサル)業務に対しての最低価格制度や低価格入札調査制度の導入、成果物品評価・・・)
●「分離発注」や「地元下請け業者の参入条件での入札」による地元業者の工事参加機会の確保(腹立つほど外部に税金が出てます。監査報告では「安く付くからまとめて出せ」・・・なのですが・・・。)、
●下請けへのしわ寄せ防止、資材高騰対策、
などを提案・要望しました。

建築資材高騰に関しては、現状実態が
「鉄筋などの鋼材 毎月10%~20%の値上がりを続けている
 安い時には 40円/㎏ だったものが、今では150円/㎏
 ガラス・ファイバー製品 プラスチック製品 運賃など全般に値上がりが続いている」
というような厳しいものです。
そこで、資材単価を相場にあわせて追加支払いする単品スライド条項(契約約款25条)発動を求めました。
結果、市は「県の動向に準じて適応する」旨の回答でした。
そこで、県議会でも代表質問に盛り込んでいただきました。

県議会も市議会も、議会初日に質問要旨を提出します。
それを受けて理事者側は調整を図り、その結果が質問の回答になって表われます。
本日がその県議会の代表質問日なのですが、県は昨日、単品スライド条項を発動する事に決めたと新聞に報道されていました。
これは、初日に提出された代表質問の要旨を受けての会議、決定です。(質問より先に回答を報道に載せるのはいかがかと思いますが、質問もさらにその内容を突っ込んで伺うと切り返しており、「さすが」と感服)

これで市の方も動くことと思います。たいへんありがたいことです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hosokawakawori.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/184