« 初体験 | メイン | 森のシンフォニー【蓄音機コンサート】 »

市民パワーで・・・1

今、取り組んでいる事の一つに、
「八ツ杉森林学習センター、今立芸術館に、賑わいを取り戻そう。市民が生き生きできる拠点として復興しよう!」
という事があります。
どちらもたいへんいい施設で、環境・癒し・体験・音楽・展覧会・・・いろんな活動の拠点として、より多くの方々にご利用いただきたいところです。
しかし残念ながら、合併の狭間でお荷物扱いの施設となってしまっています。
ここをどうやって生き返らせるか・・・です。

課題は3つあります。
まず、知名度の低さ、PRが上手ではないこと。その魅力は「知る人ぞ知る」・・・これではいけません。
次に、利用しにくい規則。時間制約・使用制約など、市民にとって楽に使うにはハードルが高い事です。市民の税金で作った施設なのに、市民が「使いにくい」とそっぽを向くようではいけません。運営側にはよく理解していただき、格調高さではなく、庶民性を大事にするよう改善していきます。私としては、山の上の八角堂で、「ワインと音楽の夕べ」・・・などをやりたいなあ・・。さまざまな市民企画を実現できる場所として、改善したい。
最後は、交通アクセスです。八ツ杉は公共交通機関がない。これは、指定管理者である施設管理事業団で、送迎サービスを考えていただきましょう・・。

・・などなど、やるべきことは目白押し。
とりあえずは「森のシンフォニー」と称して、八ツ杉で作った押し花や草木染、活動写真、ペレットストーブや蓄音機(?)などの展示を今立芸術館で行い、広報する事・・・で、先日来、新聞記者の方々に記事を書いていただいたり、FMで紹介していただいたり、チラシを持ってまわったり、思いつく限りのPRに走り回っています。
おかげさまで何とか市民の方に足を運んでいただけるようになってきました。
さらに、週末ごとのイベントを、盛り上げていきたいと思っています。
また、こういう活動を通して、繋がったネットワークや広報のノウハウを、事業団の担当者に蓄積していただき、今後の運営に生かしていただきたい・・・。

ともあれ、今立で大事にしてきた施設を、簡単に取り壊されないように、全力投球いたします!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hosokawakawori.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/163