« 障がい者と考える防災 | メイン | 教育視察 »

戦いの最中です

現在、「自行方式給食室復活」で戦いの最中です。
住民活動の後押し、調整、調査、交渉・・・。
給食室がなくなったときは一方的に結論を飲まされ(H16)、その後復活を求める声をあげても届かず(H17)、学校改築の今回(H18)が当面の復活ラストチャンスかと思い、頑張っている次第です。
それにしても、PTAでアンケートをとり、既成同盟会で声を上げ、要望書を提出に行き・・・それでも声が届かないとはどういうことでしょう!
特に南中山小学校の要望書は受け取ってもらえず、書き換えを指示されるなんて言語道断だと怒っています。
「住民から要望が出ていないから」
「今要望を出すと工期が遅れるから」
・・・
次々いろんなことを言われ、それらに対応してきて、挙句「遅い」ではやりきれません。
なんとかこのPTAの声を聞き届けてもらえるようにと走り回っています。

教育委員会でのやり取りは、「戦い」です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hosokawakawori.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/86