« 男女共同参画フォーラム | メイン | 夜回り先生の講演会 »

赤十字第3ブロック災害救護訓練

PA0_0022.JPG

日曜日は、赤十字第3ブロック(中部地区)訓練が、福井赤十字病院で行なわれました。
9時に地震発災想定。負傷者多数ということで、3ブロの支援を受けて、赤十字病院ロビーで応急救護の訓練を行ないました。
私は救護奉仕団として参加。うちのメンバーは、傷病者役や傷病メイクのお手伝いなど、裏方の仕事を行ないました。
いい訓練になるかどうかは、傷病者の設定如何で大きく左右されます。
傷病者の出番は12時からですが、朝8時半には、メイクとボランティア傷病者の方々への方法説明&演技指導をスタートしました。
メイクを担当してくださったのは、岐阜の村瀬さんという、この道のパイオニアの方です。
100人分ほどのメイクを、手際よくこなします。
うちのメンバーもGOOD! 自然とその補助に入り、すぐさま優秀なスタッフ・・・って感じで手伝い始めました。私は全体の場の仕切り役。
本番に入ってからは、傷病者の送り込みを行ないました。
院内訓練で、トリアージエリアは病院入り口(3m四方くらい)です。
狭いので、大勢でいっても前衛に抑止されます。救命士である(指導員)傷病者は、それでもさすが!搬送途中で「うおっ!」っと嘔吐したり暴れたり・・・。現場をよく知っているからこそ出来る、リアルな演技で感心させられました。
3時間近くに及ぶ訓練でへとへとになりましたが、救護班のいい訓練になったかなあと思いつつ、それ以上に、何度も何度も傷病者役で動いてくれたボランティアさんに、心より感謝です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hosokawakawori.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/83