« 自校方式の給食 | メイン | 男女共同参画フォーラム »

戦没者追悼式典

戦没者追悼式典に参列しました。
越前市武道館に作られた祭壇やバックで流れる「海ゆかば」の音楽・・・その厳粛な雰囲気に、身が引き締まり、緊張しながら顕花を行いました。

教員時代、6年生の歴史で戦争について授業をしました。
太平洋戦争に関しては、今使用の教科書では戦争体験者に当時のお話を伺うことから始まります。授業を通して私は、地域の方々に数多くの戦争体験談を伺ってきています。
戦時中配給が少なくなり、イナゴを学校の校庭で茹でて食料にした話、チョマという植物から繊維をとって布を織り衣服にした話、学校にあった奉安殿、軍事教練、旧今立に疎開してきた「なまずえ小学校」の児童達・・・。学校へ来て体験談をしてくださる方々は、当時子どもであったので、内地での苦しい生活の話をしてくださいます。
ある時ある高齢の方が、外地での体験談をしてくださいました。水杯でご主人と別れ、満州から命からがら引き上げて来た方ですが、あまりにつらい体験をこれまで話してこなかったのだけど、命あるうちに孫達に伝えようと、意を決してやってきてくださいました。
ご主人との再会まで何年もかかったそのお話は、ドラマのような物語で、おもわず涙が出ました。

戦争体験を、後世に伝えることの出来る方々も、だんだん歳をとられます。
たくさんお話を伺ってその教訓を次の世代に伝える「第二走者」が私達なのだと、遺族の方々に託されたような・・・そんな責務を感じた式典でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hosokawakawori.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/80