« 北朝鮮核実験 | メイン | 東京えちぜん物語 »

3万本のキャンドル

池田町の町議さんのお招きで、「いけだエコキャンドル」というイベントに行きました。
「地域資源連結循環型農村」の取り組みのひとつ、廃油資源再生化運動「菜の花プロジェクト」の一環で、3万本の廃油から作ったキャンドルに点灯。見事なものでした。
メイン会場までの道の両脇や、ポイントごとのイルミネーション、メイン会場ではたくさんのキャンドルが一面に揺れています。吹奏楽団による「灯りコンサート」も良い感じ。
「持ち寄りレストラン」という、野菜料理のバイキングは満員でしたが、それもそのはずで、工夫された多彩な料理はどれも味わいたいと思うものでした。むかごの胡麻和え、蕎麦羊羹、しいたけと粟のてんぷら、猪鍋、すり大豆の味噌汁、・・・・・・・
昨年来2度目のイベントだという事ですが、今のところ「知る人ぞ知る」イベントです。
これ、人気出るだろうなと思いつつ、人ごみで見るよりこのままのほうが味わい深いとも思いました。
また、何より、そのキャンドルを町の多くの人々が関わって作られたという事が尊いと思いました。
キャンドルを作りながら、エコロジーの話に花を咲かせてたとしたら、凄い事です。
キャンドル.JPG


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hosokawakawori.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/75