« 救急法どっぷり研修会 | メイン | ギャバ »

建設機械等による災害対処・復旧支援に関する懇談会2

災害は、いろんな切り口で検証することができます。
この会は、名前の通り、建設機械という切り口で災害復旧を考える会です。
排水ポンプ車、照明車、バックホウ、車両排除装置、側溝清掃車、「中越地震の土砂崩落現場の子供救出劇で無人化施工機械が活躍」、「水陸両用車が積雪にも強い」なんてことも初めて知りました。
そういえば、以前幼児番組に「はたらく車」の歌があったなあ・・・。
土嚢造成&運搬車とか、土嚢等つり上げ汎用機械・・・、いろんなものがあります。
あって使えたらいいよねえ、災害時・・・。
どこにあって、どうすれば現場に届いて、だれが使えて、経費はどうすればいいのか・・・利活用しやすい環境が必要だと思いました。災害復旧にまで地域格差が出ることのないようにしたいものです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hosokawakawori.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/59